大濠花火大会の日程や駐車場・有料席・穴場・アクセスは?2018年版 

大濠花火大会の日程や駐車場・有料席・穴場・アクセスは?2018年版 

こんにちは!

今年の夏休みの予定はもう立てましたか?

夏にはお祭りや花火大会、たくさんのイベントが目白押しです。

福岡県ではたくさんの花火大会が開催されます!

今回は『西日本大濠(おおほり)花火大会』について色々と調べてみました!

西日本大濠花火大会について

昭和25年(1950年)に西日本新聞社の主催の元にこの花火大会が始まりました。

福岡県の県庁所在地である福岡市で開催される花火大会です。

全国的にも有数の水景公園として知られる福岡市中央区の大濠公園が会場です。

現在、打ち上げ数6000発、毎年45万人規模の人が来場。

都心部の花火大会としては九州最大級のものとなっています!

西日本大濠花火大会の日程・時間・場所

【日程】2018年8月1日(水)

【荒天時】2018年8月2日(木)に延期

【時間】20:00〜21:30

【場所】大濠公園(福岡市中央区)

有料席・チケットのついて

どの花火大会も多くの人で大混雑しますよね。

ちゃんと場所を確保してゆっくりキレイな花火をみたくないですか?

西日本大濠花火大会では有料席があります!

【平和台陸上競技場】

平和台陸上競技場の芝生席を販売(一部スタンド席あり)

料金:大人(大学生以上)1200円

   小人(小中高生) 600円

   小学生以下は   無料

去年は7月1日よりチケット発売(ファミリーマート、イープラス、サークルKサンクス、チケットぴあ)が開始されていました。

いずれも売り切れ次第販売終了です。

今年のチケット販売がいつ行われるのかはまだ明らかになっていませんので分かり次第追記します。

駐車場について

仕事帰りに車で行こう!

家族総出で行きたいから車で、、

そうなると駐車場が気になりますよね。

西日本大濠花火大会では特に駐車場が用意されていません。

大濠公園の駐車場はすぐに満車になってしまうので周辺のコインパーキングを利用しましょう。

混雑や交通規制が行われますので、公共交通機関を利用して行くのがベストでしょう。

アクセス方法

【地下鉄の場合】

地下鉄大濠公園駅(JR博多駅で乗換約10分)徒歩3分

上毛電気鉄道・赤坂駅下車 徒歩7分

(平和台陸上競技場で観覧の場合は赤坂駅をご利用下さい。)

空港線・唐人町駅下車 徒歩5分

福岡市営地下鉄・六本松駅下車 徒歩10分

【西鉄バス】

(黒門・西公園)下車 徒歩5分

※地下鉄、西鉄は臨時便があるそうです。

知っておきたい穴場スポット

無料でリラックスして花火を楽しみたい方必見!!

オススメの穴場スポットを少しご紹介♪

【護国神社の芝生広場】

大濠公園から国体道路を挟んだところにある神社です。

神社の広場ですから騒がず静かに花火を楽しみましょう。

【大濠公園の池のほとり】

打ち上げ会場に近いので大迫力の花火を堪能できますよ。

ただ、ここは激戦区です。。

前日の場所取りは禁止。当日の朝ならOKです。

【西公園】

海を背に花火を楽しむことができます。

距離はあるんですが、花火全体が見渡せますし、大濠公園の美しさを楽しむことができます。

【福岡ヤフオク!ドーム】

花火大会じゃなくても人気のスポットです。

人は多いですが、打ち上げ会場周辺と比べて場所は確保しやすいです。

【福岡城址(舞鶴公園)】

高台からの展望スポットになっていて、福岡市外の夜景をバックに大濠公園から打ちあがる花火を楽しめる場所です。

まとめ

西日本大濠花火大会についての情報を書いてみました。

平日開催の花火大会って珍しいですよね。

でも毎年多くの方が来場する花火大会です!!

チケットを買ってゆっくり楽しむも良し、穴場スポットで静かに鑑賞するのもいいですね♪

大濠公園から天神へのアクセスがいいので花火の後に天神の街へくりだしてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださってありがとうございました!