VRoidって何?自分で3Dキャラを作れる?使い方や口コミなど!

VRoidって何?自分で3Dキャラを作れる?使い方や口コミなど!

こんにちは!

最近、VR(バーチャルリアリティ)でゲームが出来たり非現実的な世界が楽しめたりしますよね。

自分の好みの3Dアバターを作ってみたいと思った方もいたのではないでしょうか!

そこでピクシブ(株)が開発した

『VRoid Studio』(ブイロイドスタジオ)ではそのような夢が実現するんです!!

今回は『VRoid Studio』についてご紹介したいと思います!

『VRoid Studio』ってどんなアプリ?

 出典:AV Watch

人型アバター(キャラクター)の3Dモデルを作成できるアプリケーションです。

作成した3Dモデルは、3Dアプリケーションで利用可能なファイルにエクスポートすることが出来ます。

VRM形式でのエクスポートに対応するほか、今後も他のファイル形式でのエクスポートもサポートしていくそうです。

VRoid Studioでキャラクターを一人作成すれば、そのキャラクターをVRMに対応した様々なVR/ARプラットフォーム上でアバターとして利用することもできます。

※エクスポート:あるアプリケーションで作成したデータやファイルを、異なるアプリケーションで読めるデータ形式に変換して、送り出したり書き出したりすること。

対象機種は?

Windows・Mac用の2種類で対応されます。

使い方やスペック

 

絵を描くように髪型をモデリングできる“プロシージャルヘアデザイン”機能や、筆圧感知・レイヤーに対応したペンツールを備えたテクスチャ編集機能を備えていて、ベースとなる3Dモデルを元に、目や巣に口をいった各パーツの位置をスライダーでカスタマイズすることも可能だそうです。

今後はベースとなる3Dモデルに男性キャラクターが追加されたり、体型のカスタマイズや髪の毛などの揺れなどを設定する機能、表情デザイン、衣装デザインも追加されるそうです。

口コミ

一般公開が8月3日からなのですが、実は7月31日より先行利用の応募者はベータ版でいち早く体験しているそうです。

先行利用で体験した方々がツイッターに口コミを投稿していたので少しですがご紹介します!

まだ先行利用の段階ですので少し不具合もあるみたいですが、 めっちゃ面白そう!!

面白い髪型とかでアバターを作ってみたいなぁ。

マウスでも出来るけど、ペンを使用した方が簡単にできそうです!

まとめ

以上、VRoid Studioについてでした!

いかがだったでしょうか!

かなり面白いアプリケーションですよね。

VRって最近流行りだしてやっとこさ、自分でオリジナルのアバターを作り出すツールができたんですね♪

しかも無料で、、(無料っていう言葉には弱い。。)

これからどんどん色んなオプションがついてくると思うので活用すればするほど面白いものになると思います♪

自分のオリジナルアバターを作ってYouTuberになることも可能なので本当に楽しそう!!

皆さんもぜひ、VRoid Studioのアプリで遊んでみてくださいね♪

最後まで読んでいただきありがとうございました!